祇園の花見小路にある、京都を代表するフレンチの老舗、
『ぎをん萬養軒』にランチをいただきに行ってまいりました。

着物=「和食」と思われがちですが、着物でフレンチも素敵です!
懐石とフレンチ、どちらにも色んなマナーがありますが、共通して感じるのは「美」。
そもそもマナーとは、今だけの時間や空間をより楽しむための所作であり、
他者に対しての礼や気遣いを形にしたもの。
同じようにルールやマナーのある着物での立ち振る舞いが、そのようなシーンでうまく調和しているように感じます。

いつもは好きなように食べ、好きなように動き回っているガサツな私でも、
着物を着ると、不思議と「マナー」を意識してしまいます。

普段は入りにくい老舗や格式の高いところでも、着物姿だと臆せず楽しめる。
そんな方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

DSCN3768

お茶碗やお箸ではなく、ワイングラスやナイフ&フォークでもこんなに馴染みます♪

皇室とのご縁も深いということで、少しおどおどしながら暖簾をくぐりましたが、
味はもちろんのこと、一流の伝統やおもてなしの中に親しみやすさが感じられ、
心地よい素敵なひとときを過ごすことができました!

『ぎをん萬養軒』
http://www.manyoken.com/

DSC_0761 DSC_0759 DSCN3776

見ても楽しく、食べても美味しく、皆様もぜひ、暖簾をくぐってみてください♪
右のお写真は、ほろ酔い気分で撮った、オーナーの伊谷さんとの一枚。

着物は、正絹小紋【No.sl-20】『源氏香』
http://walin.jp/plan/select/syoukai/sl-20.html

和凛のM

コメントは利用できません。