TOP>男性着物|正絹お召

 


男性着物|正絹お召

徳川11代将軍家斉公が好んでお召しになり、高貴な方々の着用するものをお召し物と呼ぶことからも「お召(おめし)」の名前が付いたといわれている縮緬です。

蚕糸 (さんし) のままで織られた生地に「後染め」をする染め物とは違い、糸の段階で染色された「先染め」の糸を用いて精巧に織り上げた織物で、織りならではの張りと、絹ならではのしなやかさがあります。

立ち座りの多いお茶席でもしわになりにくく、また着崩れもしにくいということで長年重宝されています。
風格の漂う御召をぜひ味わってみてはいかがでしょうか。






※ご予約時の注意事項

着物と羽織は、在庫サイズ確認後ご予約確定となります。身長によっては、色味が変わる可能性もございます。
羽織ひもは、お任せになります。 (白色ご希望の場合は、事前にお申し付け下さいませ。)
着物コーディネートは、お気軽にご相談下さいませ。





京都着物レンタル和凛/レンタル予約FAQへ




男性・夏きもの
4500円メンズ浴衣