何度か年忌法要や追善茶会で使いたいというリクエストを頂いたので、袷用・絽用、各1セットずつ黒喪帯を入荷いたしました!

P1020648

『半喪(はんも)』
最近ではあまり聞きなれない言葉ですが、皆さんご存知でしょうか。
喪の第一礼装が黒の装いに対して、半喪は紋入りの色無地に黒喪帯や、黒喪服に色喪帯をする装いになります。

急な訃報を聞いて駆けつけた時、全身真っ黒な黒喪服だとまるで準備していたような雰囲気になってしまいますよね。
喪主やご親族がお通夜、葬儀、まだ年月の浅い年忌法要で黒喪服を着るのは一般的ですが、昔はそれも覚悟の上で嫁入り支度の一つに入っていたのではないでしょうか。
結婚式は予定をたてて準備ができますが、別れだけは予想できないこと。
身内であれば心構えが出来ていたという装いになりますが、そうでない立場の時は、

「あまりの驚きと悲しみで急ぎ駆けつけた」

という装いの方が、葬儀以外の場ではご家族に対する心遣いになるかもしれませんね。
不祝儀や年忌法要は、故人を偲び、感謝の心を伝えるシーン。
お別れの時に、立場やシーンに合った装いをするのも心得の一つではないでしょうか。

レンタルではさすがに急なお通夜には間に合いませんが、その後の偲ぶ会や年忌法要、追善茶会、
「どのような装いがいいのか?」などなど、お気軽にお問い合わせくださいませ。

和凛のM

来店予約

問い合わせ

商品一覧

コメントは利用できません。