京都で食べられるふわふわかき氷の名店8選

夏の風物詩といえば、ひんやりとした「かき氷」。実は京都には、こだわりのかき氷屋さんがたくさん揃っているんです!
ふわふわのとろける氷が魅力のお店から、京都ならではの濃厚抹茶、他では食べられないフレッシュフルーツソースまで。暑い日にぜひ足を運んでほしい名店を紹介いたします♪

◆フルーツたっぷりカラフルかき氷「木と根」

kitone

木と根は自家製フルーツシロップが美味しいと噂の知る人ぞ知る名店。なんと常時3~4種類のシロップを用意しており、全種類かけてくれるんです!
シロップに使われているフルーツはマンゴー・キウイ・イチゴ・桃など盛りだくさんのラインナップ。
果肉と氷が口の中でとろける食感、そしてフォトジェニックな美しさは京都広しといえどもここでしか味わえません。

和凛から徒歩1分のお店 ★★★

浴衣に着替えてすぐ行けるお店です。
【木と根の店舗情報】
住所:京都市下京区燈籠町589‐1、1階
電話番号:075‐352‐2428
定休日:水・木曜日(日祝は問い合わせる)
営業時間:12:00~17:00(L.O)
かき氷の期間:6~9月
その他:8席の小さな喫茶店のため、4名以上は席が分かれてしまいます。
公式HP:http://kitone.jp/
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26005984/

 

◆濃厚フルーツかき氷「雪ノ下 京都本店」

yukinoshita


雪ノ下はかき氷とパンケーキが有名なお店。かき氷はフルーツ系~抹茶や黒蜜まで揃っており、徹底的に素材にこだわっています。
こちらのおすすめは、味付けをした完熟フルーツをまるごとシャーベット状にした期間限定かき氷♪氷そのものがフルーツでできているため、滑らかさ・濃厚さが別格です!
期間限定の内容は時期によって異なりますので気になる人はぜひ公式HPをチェックしてみてくださいね。

【雪の下 京都本店の店舗情報】
住所:京都市中京区三条油小路東入ル三条油小路町145‐1
電話番号:075‐201‐7318
定休日:月曜日
営業時間:9:00~18:00(L.O17:20)、土曜日のみ19:00まで(L.O18:20)
その他:土日祝のみHPから予約可
公式HP:http://yukinositakyoto.net/
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260203/26023281/

 

◆抹茶&宇治金時なら「月ヶ瀬」

kitoki

ふわふわの宇治金時が食べたいなら「月ヶ瀬」で決まり♪月ヶ瀬は本来あんみつの名店なのですが、夏季限定で絶品かき氷も提供しています。
餡はこしあん、粒あんからお好みのものを選べ、薫り高いほろ苦抹茶とベストマッチ!
練乳や白玉、バニラアイスなどがトッピングできるのも和スイーツ好きにはたまりません♪

【月ヶ瀬の店舗情報】
住所:京都市堺町通御池下ル丸木材木町675アーバンライフフォルムズ烏丸御池103
電話番号:075‐212‐1959
定休日:水・第一木曜
営業時間:12:00~19:00(L.O18:30)
その他:京都高島屋5Fにも店舗あり
公式HP:http://www.tsukigase.jp/
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26020762/

 

◆5種類のシロップを食べ比べ「二條若狭屋 寺町店」

teramachi

二條若狭屋のかき氷「彩雲」は、ふわふわのプレーン氷に5種類の自家製シロップがついてくるというありそうでなかったスタイル。
シロップはフルーツ系、ミルク系、蜜系など季節ごとに様々な種類があり、かけ方次第で無限の味が作れちゃうんです♪
さらに氷の中には小さくカットしたフルーツが隠れていて、楽しいアクセントにもなっています。美味しいものを少しずつ食べたいという人はぜひこちらがおすすめですよ!

【二條若狭屋の店舗情報】
住所:京都市中京区寺町通二條下ル榎木町67
電話番号:075‐256‐2280
定休日:水曜日
営業時間:9:00~18:00
その他:ゆったりくつろげる茶房(2階)は10:00~17:00
公式HP:http://www.kyogashi.info/sub5.html
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26022589/

 

◆四代目徳次郎の天然氷を使用「祇園NITI」

niti

祇園NITIは天然氷の蔵元「四代目徳次郎」の氷のみを使用しています。この天然氷は不純物がほとんど含まれておらず、口どけが良い・頭がキーンとなりにくいという特徴があるそうです。
そんな特別な氷にかけるのは、自家製の宇治抹茶シロップやフルーツシロップ。一度食べるとかき氷の概念が変わるといわれるほどの味わい、ぜひ試してみてください。

【祇園NITIの店舗情報】
住所:京都市東山区祇園町南側570‐8
電話番号:075‐525‐7128
定休日:水曜日(7~9月は不定休)
営業時間:7~9月…10:00~17:45(L.O17:45)、10~6月…11:00~18:00(L.O17:30)
その他: 一年中かき氷の提供をしている
公式HP:http://www.gion-niti.com/
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26016342/

 

◆新感覚のエスプーマかき氷「清水一芳園」

kiyomizu

近年話題のエスプーマかき氷を食べるなら、清水一芳園がおすすめ。エスプーマとはいわゆるムースのことで、これが薄く削ったふわふわ氷と相性抜群なんです!
かき氷メニューは濃厚で苦みのアクセントが爽やかな「宇治抹茶」と、生クリームがまろやかな「アップルマンゴー」のふたつ。
口の中に入れると一瞬でとろける新感覚は、一度食べたらやみつきになること間違いなしです!

【清水一芳園の店舗情報】
住所:京都市東山区本瓦町665
電話番号:075‐202‐7964
定休日:月曜日(祝日の翌平日)
営業時間:11:30~16:30
公式HP:http://ippoen.co.jp/?mode=f3

 

◆期間限定のもも氷が名物「このはな(古の花)」

konohana1

このはなは、北野天満宮のすぐそばにある“いっぷく処”。ご飯ものや麺類~かき氷まで幅広いメニューが揃っています。
そんなこのはなの名物ともいえるのが、夏季限定の「もも氷」!桃を丸ごとかじっているかのようなフレッシュな味わいは、京都一との呼び声も高いほどの絶品です♪
もちろんその他のかき氷も生フルーツや厳選素材を使用したものばかり。ぜひ参拝の帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【このはな(古の花)の店舗情報】
住所:京都市上京区御前通今小路上ル馬喰町898
電話番号:075‐461‐6687
定休日:火・水曜日
営業時間:10:00~16:00
その他:もも氷は7月~の期間限定(要問合せ)
公式HP:http://www.geocities.jp/ipukudokoro/
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260501/26004886/

◆昔ながらの田舎氷「嵐山 のむら」

昔懐かしいかき氷を食べたいという人は、嵐山のむらがおすすめ!こちらは限界まで薄く削った氷と、砂糖とお湯だけで作ったシロップが特徴の純和風かき氷が名物です。
このシロップに宇治抹茶やきなこを加えれば、素材の味と香りがダイレクトに広がります。一流の材料だけを使用しているから、こんなかき氷が作れるんですね。
変わり種にはもう飽きた、雑味のない氷とシロップを純粋に味わいたい、そんなリピーターが絶えない名店は遠くからでも足を運ぶ価値アリです。

【嵐山のむらの店舗情報】
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺造路町35‐20
電話番号:075‐881‐1651
定休日:火・水曜日
営業時間:11:00~18:00(L.O)
その他:嵯峨のねぎ焼きも有名
公式HP:http://www.arashiyama-nomura.com/
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260403/26013071/

 

◆夏の京都散策は浴衣でかき氷を♪

kaki1

京都の有名かき氷を紹介してきましたが、気になるお店はありましたか?暑い夏を乗り越えるには、身体の中から美味しくひんやりと涼みたいものです♪
せっかくの京都散策ですから、浴衣を着てかき氷というのも風情がありますよね。ぜひ今年の夏は、ここでしか味わえない絶品かき氷をたくさん味わってください。

来店予約

問い合わせ

商品一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。