大昔からある日本の伝統的な婚約の行事といえば、結納。

高砂人形などの結納品を華やかに並べて、両家の新しい結びつきを喜び、婚約を正式なものにする儀式ですが、最近は両家の顔合わせだけにしたり、略式の結納と顔合わせをセットにする方が多くなりました。

ですが、形は変われど、気持ちは変わらず。
正式結納、略式結納、顔合わせ、どの形を選んでも、これから新しく家庭を築いていくことへの覚悟を感じる、とっても大切な日です。

2034613_s

そして、結納や顔合わせ=振袖ではなく、訪問着を選ばれる方も増えてきました。

訪問着の場合は、地味じゃないかという不安…
振袖の場合は、派手すぎないかという不安…

などなど、色々なご相談をいただきますが、ご自身の年齢や好み、場所の雰囲気に合わせて選べば◎

和凛でも、訪問着を変わり結びで華やかにしたり、振袖に帯小物を少し控えめにしたり、色々なパターンでご提案させて頂いてます(^0^)/

また、男性もお着物にされて、2人揃って和装で行いたいというご相談もよく頂戴します。
お二人一緒に和凛でお仕度して、仲良くご出発されるお客様も( *´艸`)

DSC00605
DSC00734
結納や顔合わせのお衣裳は、ぜひお気軽にご相談くださいませ♪

 

和凛のM

来店予約

問い合わせ

商品一覧

コメントは利用できません。